? 東海地方を代表する温泉地!岐阜の下呂温泉

下呂温泉

トップページ温泉下呂温泉

下呂温泉(岐阜)は、東海地方を代表する温泉

日本三名泉にも数えられる岐阜県にある下呂温泉は、東海地方屈指の温泉郷として人気を集めています。

下呂はもともと下留(げる)という呼び名が変化して今の呼び名となったといわれています。

下呂温泉のお湯は柔らかく、泉質は無色透明のアルカリ性単純泉となっています。

重曹系の成分とアルカリにより、気持ちの良いスベスベ感を味わう事ができるのも下呂温泉の泉質の特徴です。

気になる温泉の効能ですが、疲労回復や運動器障害、神経麻ひ、神経症、リウマチ性疾患、病後回復期に効果があるとされ、湯治場として江戸時代以来ずっと栄えています。

下呂温泉は運営にも特徴があります。

街にある数多くの源泉は、下呂温泉事業協同組合によって一括管理されていて、ひとつの場所に集められます。

その後に、集めたお湯をそれぞれの宿に届けているので、温泉街全域で同じ泉質の温泉を楽しむことができるようになっています。

下呂温泉は観光客も多く、温泉宿も高級旅館からリゾート風のホテル、リーズナブルなものまでさまざまです。

名古屋からのアクセスも近いので週末は混雑するケースも多いので、予約などは早めに入れておいた方がいいと思います。

宿の選択は予算に合わせて決めると思いますが、口コミ情報も豊富にあるので、情報サイトも活用しながら宿探しをおこなうといいと思いますよ。

下呂温泉で人気の宿

「湯之島館」は下呂温泉のなかでも屈指の有名老舗旅館です。 家族湯は源泉掛け流しで、客室のお風呂も温泉が引かれるといったこだわりの宿です。

下呂温泉の中でも最大規模を誇る宿といえば「水明館」です。 三か所ある大浴場に浸かれば、スベスベ感を楽しむことができます。 最近になって源泉掛け流しの貸し切り風呂(有料)も完成しました。

「和みの畳風呂物語の宿 小川屋」は、男風呂105帖、女風呂100帖という大規模な畳風呂がある事で人気の宿です。 下が畳なのでお年寄りでもケガの心配をすることなく、ゆったりと温泉につかることができます。

Copyright © 旅行にレッツラゴー!