? 豊臣秀吉も愛した温泉地!兵庫の有馬温泉

道後温泉

トップページ温泉道後温泉

有馬温泉(兵庫)で、豊臣秀吉気分を味わう

道後温泉、白浜温泉と並び、日本三古湯に数えられるのが兵庫県神戸市にある「有馬温泉」です。

かの太閤・豊臣秀吉も有馬温泉を楽しんだといわれる歴史のある温泉地です。

有馬温泉の泉質は湯の湧き出る場所によりことなり、ラジウムを多く含む放射能泉や炭酸を多く含む炭酸水素塩泉、そして鉄分と塩分を多く含んだ含鉄塩化物泉の3種類の泉質を楽しむ事ができます。

有馬温泉では「金泉(きんせん)」あるいは「銀泉(ぎんせん)」という言葉を耳にすることがありますが、空気に触れると着色する含鉄塩化物泉のことを金泉と呼び、それ以外の透明な温泉を銀泉と呼んでいます。

金泉の特徴は塩分の濃度にあって、海水よりも塩分濃度が高いため、殺菌や保温効果が高いのが特徴です。

皮膚病などにも効果があるとされています。

一方、銀泉の特徴は無味無臭ということです。

二酸化炭素泉なので毛細血管が広がり、血行を促進させてくれます。

ほかにも飲泉することで食欲の増進効果もあるとされています。

江戸時代には温泉番付というものがあったそうですが、有馬温泉は当時の最高ランクに位置する西の大関に格付けされていたほどで、1000軒近い宿が軒を連ねる人気のある温泉だったようですが、現在では四季の美しさなども加わって当時以上の人気を得ている温泉といえるでしょう。

京都や大阪など、関西の主要都市からのアクセスも便利なので、週末は多くの人で混雑します。

宿泊日が決まっているのであれば予約は早めに入れることをおすすめします。

有馬温泉で人気の宿

「上大坊」は有馬温泉のなかでも数少ない掛け流しの温泉宿ということで人気の宿です。 宿自体は小さい宿ですが、循環タイプではないので、塩分の強い金泉を飲泉する事も可能です。

有馬温泉の高台に建つ「元湯龍泉閣」は家族連れでも安心して楽しめる宿として人気です。 ベビールームやキッズコーナーも用意されているので、小さいお子さん連れでも十分に温泉を楽しむことができます。

Copyright © 旅行にレッツラゴー!