五能線

五能線で、絶景に感動する旅行

東北地方の日本海沿岸を走る五能線は、秋田県・東能代駅から青森県・弘前駅までを結ぶ人気のローカル線です。

荒々しくも美しい日本海の海岸を通る五能線は、数多くの観光名所を通過しています。

観光名所が多いことで知られる五能線ですが、しかし、人気の決め手は鉄道マニアの間でも大変有名な車窓風景にあることは間違いないところでしょう。

日本で最初に世界遺産として登録された白神山地や夕日の美しい千畳敷など、秋田や青森の観光名所はとても多くあります。

五能線は全ての駅に立ち寄りたくなるローカル路線といえます。

数多くの観光名所がある五能線ですが、日本の夕日百選にも選ばれた千畳敷は、特に高い人気を誇っている青森県屈指の景勝地です。

千畳敷は、石畳を思わせる岩浜と広い岩棚がどこまでも続く絶景は素晴らしいものがあります。

ほかにも世界遺産である白神山地の麓にある十二湖駅では、白神十二湖、日本海の荒波の侵食によって出来た奇岩・ガンガラ穴などの観光名所を楽しむことができます。

ウェスパ椿山駅から訪れることができる黄金崎不老不死温泉は、日本海を眺めながら浸かることのできる温泉として人気のおすすめスポットです。

送迎バスも出ているのでアクセスも便利です。

このように、五能線の各駅には素晴らしい観光名所が本当に多く存在するのですが、秋田県能代市の海岸沿いにある「風の松原」は日本最大規模の松林として有名です。

ローカル気分を存分に味わいたいのであれば、鰺ヶ沢駅から五所川原駅の間では津軽三味線の生演奏を聞くこともできますが、これはまさにご当地ならでは。

このようにさまざまな催しや季節限定のイベントなどもあるので、五能線を利用するときには、事前に各地のイベント情報などをチェックすると、より一層楽しい旅になることでしょう。

Copyright © 旅行にレッツラゴー!