根室本線

トップページローカル線根室本線

根室本線で、雄大な大地を旅行

北海道のほぼ真ん中にある滝川市と、北海道の最東端にある根室市を結ぶ根室本線は、まさに北海道を横断する路線距離の長いローカル路線で、その距離はなんと約440キロにも及びます。

それでいて全線が単線というのも北海道らしいローカル路線といえるでしょう。

滝川駅を始点とする根室本線は、帯広駅や釧路駅など、北海道を代表する都市を経由して終着駅である根室駅へ向かいますが、釧路駅から根室駅の間の区間は「花咲線」という名称で地元の人からも親しまれています。

この地域で水揚げされる「花咲ガニ」は有名ですね。

ローカル線である根室本線ですが、距離が長いので接続する路線も多く、根室本線はもちろん、道内のいろいろな観光名所へのアクセスが比較的便利なのも特長といえるでしょう。

函館本線や石勝線、釧網本線などの主要路線とも接続しています。

ところで最近は秘境駅が大ブームとなっていますが、広大な大自然が多く残る北海道のローカル線ということで、根室本線にも数多くの秘境駅が存在します。

滝川駅寄りから順にご紹介すると、島ノ下駅(しまのした)、東鹿越駅(ひがししかごえ)、羽帯駅(はおび)、大成駅(たいせい)、稲士別駅(いなしべつ)、上厚内駅(かみあつない)、直別駅(ちょくべつ)、尺別駅(しゃくべつ)、古瀬駅(ふるせ)、糸魚沢駅(いといざわ)、初田牛駅(はったうし)、昆布盛駅(こんぶもり)、花咲駅などは秘境駅といわれています。

廃線になってしまいましたが新内駅(にいない)も秘境駅に含まれています。

秘境駅以外にも根室本線は数多くの観光名所を通ります。

ドラマ「北の国から」やラベンダーなどで有名な富良野、映画「鉄道員」のロケ地として使用された幾寅駅(いくとら)、「六花亭」や豚丼で有名な帯広、ワイン城のある池田など、一度は立ち寄ってみたいスポットが満載です。

車窓の風景も、雄大な北海道の大地や太平洋の絶景を見ることができます。

特に厚内駅から先の景観は多くの人が感動を抱くほど素晴らしいものがあります。

根室本線はゆっくりと途中下車の旅を楽しみたい魅力いっぱいのローカル線です。

Copyright © 旅行にレッツラゴー!